壁をデザインする。壁をアートする。ウォールアートスタジオ
  • 壁をデザインする
  • デザイン塗装
  • 壁画
  • ゴリラオブジェ
  • アート看板

 

建物のイメージを

劇的に変える!

ウォールアート

ウォールアートで建物のイメージを大改造!

「空間イメージを劇的に変えたい!」という願いに
200%お応えできるリノベーションがここにあります。

それが、ウォールアートを活用した
イメージリノベーションです。

新しいウォールアートをご提供します

ウォールアートというと壁画をイメージする人が多いようですが、
弊社では壁を装飾演出するすべてのアート技法を
ウォールアートととらえています。

弊社のウォールアートは、
壁画 × オブジェ × デザイン塗装
という3要素のアートで構成されます。

空間にテーマ性と物語性をもたらす壁画

壁画

壁画は、絵画技法を用いた空間アートです。

1つの絵で、世界観や物語を一瞬にして伝えます。

しかも額絵とは異なり、壁一面に描かれた壁画は人を包み込んで絵の中の世界に誘い込みます。

お茶の間で観るテレビと劇場の大スクリーンで観る映画の違いと同じです。

日常空間から非日常的な異空間に迷い込むことで、大きなサプライズや感動が生まれます。

空間をシンボル化するオブジェ

オブジェは、立体的なアートです。

作品そのものが、強烈な存在感と迫力、エネルギーを持っています。

その空間の意味性や特別性を際だったシンボルで表現します。

そのシンボルパワーこそが、その空間に生命の息吹をもたらします。

空間に味わいを醸し出すデザイン塗装

デザイン塗装

デザイン塗装は、味のあるテクスチャーを表現する特殊アート塗装です。

色だけでなく、テクスチャーや模様で趣のある雰囲気を演出します。

大量生産の工業製品にはない
人の手の温もりやオンリーワンの存在感があります。

壁が生き生きとよみがえり、人の琴線に触れる風合いが生まれます。

3つのアートが生み出す看板」「感動空間」

壁画、オブジェ、デザイン塗装は、それぞれ単体でも十分な働きをしますが、
それらが融合すると、よりパワーアップして人の心に届きやすくなります。

弊社では、3つのアートが融合したウォールアートで、
アート看板空間演出デザインをご提案しています。

ウォールアートの構成図

まちに氾濫するデジタル表現ではなく、
手づくりのアートで驚きや感動を生む共感性の高い空間づくりを目指しています。

ウォールアートで、2つのニーズにお応えします。

弊社では、次の2つのニーズを得意領域にしています。

  • 現状の建物のイメージを劇的に変える。
  • 何もない場所に、新しい「テーマ空間」や「物語空間」をつくり出す。

一貫性と統一性で高い完成度を目指します。

どんなアートでも、技術力や情熱の異なる寄せ集めのスタッフ体制では、クオリティやテイストにバラツキが生じます。

また、アートディレクターのいない体制では、クオリティや納期の管理に問題が生じたり、目指す方向から脱線してしまう危険性があります。

弊社では、同じ価値観や技術を共有する社内スタッフとOBでチームを編成し、
アートディレクター、デザイナー、制作スタッフが一丸となって、
最初から最後まで統制のとれた体制でより高い完成度を目指します。

 

ウォールアートによる

ビフォーアフターを、

ぜひあなたご自身で

体感してください。

 


最新のコラム

壁画を依頼する前に、目的を明確にしましょう。

壁画制作を依頼するお客様には、2つのタイプがあります。「個人的な趣味実現のタイプ」と「悩みや問題、課題を解決したいタイプ」です。前者の場合は、特に問題ありませんが、後者の場合は、裏にある悩みや問題、課題を明確にしないと、ゴールを間違えてしまいます。お問い合わせの前に、「なぜ、壁画を描くのか」を明確にしましょう。

アート壁画とデザイン壁画

「壁画」というと学術的な分類では「アート」です。しかし実際は、全く異なる2つのタイプの壁画があります。「アート的な壁画」と「デザイン的な壁画」です。壁画を依頼するときにその違いをよく理解しないと、大きな失敗をします。なぜなら、その2つは正反対の概念だからです。「アート的な壁画」は、作家性を最優先します。つまり、何を描くかは作家次第です。作家の選定を誤れば、最悪な事態を招きます。それに対し、「デザイン的な壁画」は依頼者の目的を実現するためにデザインされた壁画です。依頼者の目的に沿わない壁画は、ただのゴミにすぎません。ビッグアートは、「デザイン的な壁画」に特化した制作を行っています。

廃品でつくったオブジェだから世界でオンリーワン!

通常、私たちは立体オブジェを制作するとき、完成イメージが先にあって、それを再現するために最も適した材料を使います。それに対して、まったく逆のアプローチ・プロセスがあります。野外で無造作に拾い集めた廃品で、与えられたテーマの作品をつくるのもそのひとつです。思いも寄らないユニークで突き抜けた作品が生まれる可能性が高いクリエイティブ性の高い方法です。世界でオンリーワンの作品を求めるときにとても有効です

蜂のスクラップ・オブジェ

手描き壁画と大型プリンターの使い分けのポイント

大型インクジェットプリンターの普及で、「簡便」「早い」「安い」という手軽さから様々な場面で普及しています。ただ、大型インクジェットプリンター(デジタル)は万能ではありません。弱点や限界もあります。逆に、大型インクジェットプリンターでは不可能だとあきらめていたことが、手描き壁画(アナログ)で実現できることもたくさんあります。互いの強み弱みを知って目的に合った手法を選択していただけるように、双方の特性をまとめて比較しました。

大型インクジェットプリンタ−

新しいレンガ壁を味のある古レンガ壁にエイジング塗装

レンガ壁の一部をリフォームしたら古い壁とリフォームした新しい壁の色合いや風合いが変わってしまって、不自然さが目立ってしまったという事例です。エイジング塗装で古い壁と新しい壁の差がわからないようにすることができます。

レンガのエイジング塗装作業

「見ない」「考えない」「信じない」「行動しない」が現代人の心理

現代人は、スマホの普及に伴い、「見ない」「考えない」「信じない」「行動しない」という人が増えています。その意味では、従来の看板では効果が薄れているのが現状です。そのために、「おもしろい」「ワクワクする」という、人を引きつける看板が求められています。

集客看板講座

狭い空間を「トリック壁画」で広く見せる。

通路やエレベーターホール、階段室、トイレなど、狭い空間を広く見せたい場所は、身の回りにはたくさんあります。「トリック壁画」を応用して、壁に奥行きを出したり、窓や開口のある壁にして開放感を出したりと、目の錯覚を利用した事例をご紹介します。

広く見せるトリック壁画

大型商業施設で人の流れを変える「トリック壁画」

動線計画が上手くいっていない大型商業施設での成功事例です。動線を改善の3大ルールである「ゴールデンゾーン」「マグネット」「連続性」を壁画に応用して、人の流れを変えることができました。壁画は、平面なので場所をとることもありません。

人の流れを変えるトリック壁画

「壁画」には、無限の可能性がある。

ビジュアルの分野では、デジタル化の波がとどまることを知りません。反面、「キレイもの」は氾濫していますが、「美しいもの」や「琴線に触れるもの」「味わいのあるもの」が、身の回りから消えつつあります。そんな中で、「温もり」や「繊細さ」などアナログならではの強みにフォーカスして、壁画の可能性を追求しています。

集客する壁画

「デザイン塗装」で、非常階段が「負のイメージ」からオシャレに変身!

ビルやマンション、アパートなどの非常階段は、建物の美観を損なうものが目につきます。どちらかというと、邪魔者的な存在です。その「負の存在」を逆手にとって、チャームポイントに逆転するというアイデアです。非常階段を、一番オシャレなアクセサリーとして活用してみませんか?

カルチャー保育園

最近の物件

最新NEWS

アートでまちづくり

春日部駅東口周辺は、かつて「日光道中・粕壁宿」として栄え、松尾芭蕉が「おくのほそ道」で最初に宿泊した場所としても有名です。
その宿場町の面影をするため、粕壁宿の歴史や老舗店の由来などを「まちがと歴史絵巻」としてシャッターアートで再現。現在30カ所を超え、今なお増加中です。
作品の解説や制作風景をご紹介します。

Facebook

リンク

PAGETOP
Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.