壁をデザインする。壁をアートする。空間のイメージ価値を変える。
ビフォーアフター

スーパーヒーローの「スマイルマン」が客を呼ぶ! スマイル・パーキング

「存在感のない外観で、立体駐車場として認知されていない」「入口までの順路がわかりにくい」「隣の露天駐車場と間違われやすい」 など、苦戦を強いられていた立体駐車場です。建物の注目度をアップするために、「スマイルマン」というアメリカンコミック風のキャラクターをつくり、高さ16mの巨大な壁画を描きました。1時間100円を一目でわかるようにスマイルマンにコインを持たせ、スーパーガールが入口の方向へ誘導します。

スマイルパーキング

境内が歴史壁画で憩いの物語空間に! 戸越八幡神社

下町の商店街に隣接した神社です。通勤のビジネスマンや買い物客がひっきりなしに参拝に訪れる地域に溶け込んだ存在です。訪れる人がくつろぎ神社の歴史に親しんでもらえるように、神楽殿の戸板に御本社ゆかりの「神輿受納行列之図」の壁画を描きました。物語性のある新たな異空間として、訪れる人々の憩いの場になっています。

戸越八幡神社

壁画でマリンリゾート空間が出現! HOTEL FRANCS

ホテルの2階テラスガーデンが、壁画でマリンリゾート空間に早変わり!通りからも目に入り、アイキャッチャーとしの役割も果たしています。

ホテルフランクス

金属オブジェの品格が存在感を生む ライズウェル浜松町ビル

視覚的に個性が乏しく存在感のないビルでした。外観イメージを一新するために、白い外壁材を貼ってもらいました。鉄と銅と真鍮を使ったメタルアートで品格と存在感をアピールしました。メタルアートとコーディネートしたシャッターアートを描くことで、広がり感と一体感を強調し、印象力をアップしました。

ライズウェル浜松町ビル

町工場が浮世絵の壁画で元気を発信! 大鉄精工

町工場というと、建物のイメージや立地環境から「暗い」「冷たい」「殺風景」というイメージが強く、一般の人の足も遠のきがちになります。またそこで毎日働く従業員さんのメンタルにも影響します。そこで、職人をテーマにした浮世絵をシンボリックにシャッターに描きました。意外性も手伝って、地域のランドマーク的な存在になりつつあります。

大鉄精工 施工前
1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.