壁をデザインする。壁をアートする。空間のイメージ価値を変える。
施工事例

園内全体がまるでジュラシック・パーク|緑ヶ丘幼稚園

園の施設全体を活用してのリノベーションが、園からの依頼でした。屋上にあった老朽化した給水塔が一番のネックでした。そこで、給水塔を何かに見立てて隠してしまうアイデアからスタートしました。岩で覆って恐竜の赤ちゃんが卵からかえったという設定にして、それを見守る恐竜の母さん、それをからかうサル・・・というように場面設定が次々と進展していきます。

緑ヶ丘幼稚園

長く冷たいブロック塀がメルヘン絵巻に|牛島幼稚園

ブロック塀というと、「冷たい」「暗い」というイメージがつきものです。歩く人は無意識のうちに避ける傾向があり、長〜いブロック塀の前は人通りが少なくなります。街の景観も悪く、痴漢などの犯罪が発生しやすい傾向にあります。ただ、その中で暮らしている人はその意識が希薄です。しかし、本来健全で明るく楽しい場所であるはずの幼稚園となると問題です。そこで、ブロック塀アートを提案しました。

牛島幼稚園

オリジナルキャラクター「さいかちゃん」のいる幼稚園|さいか幼稚園

幼稚園や保育園の業界では、CI(コーポレートアイデンティティ)という考え方があまり芽生えていないようです。少子化が進み、園児獲得競争が激化しています。園の独自性をビジュアルで訴求するには、全国どこでも見られる人気TVキャラクターは使えません。園のオリジナルキャラクターの導入、認知促進に壁画が一役買います。

さいか幼稚園

教育方針を寓話「ウサギとカメ」に例えたモニュメント彫刻|川口幼稚園

元々、この園の入り口に大きな石が2個置いてありました。この石を活用して、オブジェと教育方針を記した銘板を考えて欲しいという理事長からの依頼でした。いつもとは勝手が違う謎解きのような仕事です。何度も何度も、理事長とお会いして教育方針を聞き、それを造形物でドラマ仕立てで誰にでもわかる形にしなければなりません。

川口幼稚園

凹凸の大きい障害物を乗り越えて制作した大壁画|蒲田保育専門学校ふぞく幼稚園

建物全体を壁画にして欲しいという依頼でした。建物が高く遠くから見ても見通せるので、遠くから発見されやすくするのが狙いです。ところが、壁画を描くといっても広い平面はほとんどなく、窓やベランダなどの障害物だらけ。長〜い虹をつなげて描くのが一番大変でした。いろんな特製の道具を開発して、ようやく完成にこぎ着けました。

蒲田保育専門学校ふぞく幼稚園
« 1 2 3 4 9 »
PAGETOP
Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.