壁をデザインする。壁をアートする。ウォールアートスタジオ
施工事例

幼稚園・学校

だまし絵の開口で、解放感のある楽しいトイレ|新郷松原幼稚園(トイレ)

幼稚園では、閉所的なトイレ空間を怖がる子供たちが多いとよく耳にします。無機的な壁と一人閉じ込められたような閉ざされた空間が、不安感や恐怖感を生み出しているようです。最近では、パステルカラーの柔らかい色使いで少しは改善されていますが、閉所感だけは否めません。そこで、だまし絵を壁に描いて、トイレの中がまるで外の空間につながっているような錯覚を覚えることで、開放感と安心感をもたらす手法を提案しました。

新郷松原幼稚園(トイレ)

ベルアーチと桜を背景に思い出に残る記念写真が撮れる幼稚園|成増幼稚園

既存の門柱やレンガ塀をそのまま再利用して、幼稚園の顔となるような正門をリノベーションしたいという依頼でした。正門の後ろには、立派な桜の木があり、この桜を背景にドラマチックに映えるメインゲートのオブジェのデザインが一番の難関でした。次に、既存の門柱や塀との融合と調和。そして、シンボリックな門扉。最後に全体を楽しく演出する小物たち。これから始まる園児や父兄たちのドラマを演出する舞台装置をつくるように、慎重にそしてワクワクしながら作業を進めていきました。

成増幼稚園

長〜いブロック塀が、テーマパークのようなドラマの風景に!|真由美幼稚園(その1)

園長からの依頼は、「園全体を夢のある空間にして欲しい」という依頼でした。とにかく園内も園の外もブロック塀だらけで、殺伐としたイメージでした。ひたすら長いので、大きく園内と園外の2つに分けました。園内はお城の城壁に見立て、園外はお城のまわりの風景としました。園の敷地に入ると、静かな森から賑やかな草原へと続き、自然と人の動線は標識がなくても園内へと誘導されます。そんな風に、長〜いブロック塀の随所随所に様々な仕掛けと、楽しいいたずらが盛り込まれています。正に、壁画を駆使したエンターテインメントな空間づくりです。

真由美幼稚園(第1期)

園内の風景を生かした物語性のある壁画|玉川幼稚園

壁画が唐突に目立つのではなく、園内の風景に馴染み溶け込むような自然な壁画にしました。現実の風景と壁画の世界がつながることで、とても心地いい異空間が生まれました。

玉川幼稚園(壁画)
« 1 2 3
PAGETOP
Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.