壁をデザインする。壁をアートする。空間のイメージ価値を変える。
施工事例

幼稚園・学校

一番ジャマな非常階段を主役に変えた逆転のデザイン|カルチャー保育園

オフィスビルを改装して保育園にしたものの、保育園らしくない外観イメージで苦戦していました。子供の施設は、楽しくてワクワクするイメージがなければ人気がなく、集客には苦労するものです。まして、非常階段はネガティブな存在。ならばと、非常階段を園の一番人気者にすることを提案しました。

カルチャー保育園

おしゃれな壁を生かした壁画のレリーフ|アスナロ幼稚園

壁画は使い方やデザインを間違えると、暴力になったり公害にもなります。壁画を描くことで、せっかくおしゃれな壁がスポイルされたり、違和感が出たりします。この幼稚園も、最初は壁画を依頼されたのですが、壁の色や質感がおしゃれで、全体にうまくコーディネートされていたので、壁画ではない方法を提案しました。

アスナロ幼稚園

園内全体がまるでジュラシック・パーク|緑ヶ丘幼稚園

園の施設全体を活用してのリノベーションが、園からの依頼でした。屋上にあった老朽化した給水塔が一番のネックでした。そこで、給水塔を何かに見立てて隠してしまうアイデアからスタートしました。岩で覆って恐竜の赤ちゃんが卵からかえったという設定にして、それを見守る恐竜の母さん、それをからかうサル・・・というように場面設定が次々と進展していきます。

緑ヶ丘幼稚園

長く冷たいブロック塀がメルヘン絵巻に|牛島幼稚園

ブロック塀というと、「冷たい」「暗い」というイメージがつきものです。歩く人は無意識のうちに避ける傾向があり、長〜いブロック塀の前は人通りが少なくなります。街の景観も悪く、痴漢などの犯罪が発生しやすい傾向にあります。ただ、その中で暮らしている人はその意識が希薄です。しかし、本来健全で明るく楽しい場所であるはずの幼稚園となると問題です。そこで、ブロック塀アートを提案しました。

牛島幼稚園

オリジナルキャラクター「さいかちゃん」のいる幼稚園|さいか幼稚園

幼稚園や保育園の業界では、CI(コーポレートアイデンティティ)という考え方があまり芽生えていないようです。少子化が進み、園児獲得競争が激化しています。園の独自性をビジュアルで訴求するには、全国どこでも見られる人気TVキャラクターは使えません。園のオリジナルキャラクターの導入、認知促進に壁画が一役買います。

さいか幼稚園
1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.