内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
内谷陸橋(壁画)
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

人気のない落書きだらけの陸橋の前を通学する小学生たち

陸橋の下というと、いずこも落書きが目につきます。
春日部市にあるこの陸橋も悪質な落書きで、
消しても消してもまたやられるといういたちごっこが続いていました。
しかもここは、明治5年に開校したという伝統ある粕壁小学校の門の前です。
もともと無機的で殺風景な人通りのない場所で
怖い落書きが描かれている場所を毎日通学する子供たちにとって
どんな思いをし、どんな記憶が刻まれていくのでしょう。

落書きの名所を逆転の発想で夢空間に!

市からの依頼を受けて、提案した壁画のコンセプトは
「夢あふれるメルヘン空間」でした。
この巨大な陸橋という不気味な建造物のある場所を
「明るい」「楽しい」「元気な」「夢のある」空間に変えるために、
子供たちをワクワクさせる「空想の世界」を再現することにしました。

壮大なスケールのメルヘンの世界が登場!

みんなに愛されるヒーロー的なアイドルが必要です。
そこで、「ひょうきんで誰からも愛されるワンちゃん」を主人公に設定しました。
このワンちゃんが、毎日登校してくる子供たちに明るい笑みで声をかけてくるという設定です。
子供たちの心をワクワクさせるには、
空想をかき立てる不思議な世界が必要でした。
そこで大草原の中に誰も見たことのない不思議な建物を配置しました。
巨大な木が動物の住むマンションであったり、
子供たちの自由な発想や空想をかき立てるような面白い形の建物があちこちに登場します。
そして、子供たちの安全を豹やサイが見守っています。

落書きがなくなり地域の名所に!

この壁画を描いてからすっかり落書きはなくなり、
14年経った今でも子供たちを見守り子供たちに愛されています。
そして地域の名所スポットとなっています。

「内谷陸橋」のビフォーアフター