壁をデザインする。壁をアートする。空間のイメージ価値を変える。

アート看板

  • HOME »
  • アート看板

 

アート看板

アート看板

 

お客様の視線を釘づけにする!

そんなおもしろい看板をつくります。

すぐれた看板とは、まず「人目を引く」こと。

看板は、ただ「カッコイイ」とか「オシャレ」だけでは何の意味もありません。

看板は、お客様との最初の接点です。

目にとめてくれなければ、素通りするだけ。

つまり、最初の「出会い」が生まれないのです。

まず、「目に止まること」が第一関門です。

この関門を通過できない看板は、存在しないのと同じです。

あなたの看板は、前を通る人の目に止まってますか?

それはどのくらいの確率ですか?

10人に1人ですか?

10人に3人ですか?

10人に5人ですか?

つまり、「どれくらいの確率で、人の目に止まっているか?」ということは、「1つの看板がどれだけの人に見てもらえたか」ということになります。

この「注目度」は、看板の「働き度」ともいえます。

目に止まる確率の高い看板を設置した方が、有利なのは当然ですね。

そのためには、「目に止まる」ことは、看板にとって最低条件なのです。

ただ目立つだけではダメ。

せっかく高価な立体看板をつくっても、見慣れたモチーフやデザインでは、印象に残りません。

たとえ面白いデザインでも、材料や表現手法が月並みでは、目に止まる確率が低下してしまいます。

目立とうとするあまり、まちの景観を損ねたり、地域住民のひんしゅくを買うような看板では、かえって逆効果になってしまします。

好感を持たれて、目立つ看板とは

弊社では、常に人の心に届く看板づくりを心がけています。

そのために、次のことを大切にしています。

  • 非日常性
  • ユーモアと遊び心
  • 温もり感
  • ワクワク感
  • サプライズ

お客様が「ニコッとする」「楽しくなる」、

そんな、人の心に語りかける看板づくりにこだわっています。

「目を引く」「面白い」だけでなく、「集客のしかけ」のある看板です。

弊社は、マーケティング的視点で看板をデザインします。

看板の最大の目的は、「集客」です。

「集客」につながる看板とは、

注目する → 興味を持つ → 欲求を起こす →  印象づける → 購買行動を動機づける

という一連の心理的行動を起こさせる看板です。

言葉では簡単ですが、それぞれのステップで「仕掛け」と「工夫」が必要です。

看板は、つくればいいではなく、看板効果を発揮させるにはさまざまなノウハウが重要なのです。

ビッグアートが選ばれる理由

① 企画段階から相談ができる。

② 常に斬新なデザインを提案してくれる。

③ マーケティング的な視点で戦略提案までしてくれる。

④ 手づくりアートで他にないユニークな看板をつくる。

⑤ 企画~デザイン~制作~施工まで一貫して対応してくれる。

⑤ 看板だけでなく、建物外観イメージまでトータルで提案してくれる。

看板に対するビッグアートの基本的な考え方

  • 看板の最終の目的は、「集客」である。
  • 「集客」につながらない看板は、ただのゴミにすぎない。
  • 看板は、「建物の一部」である。
  • 建物外観イメージと看板は、「一貫性」と「統一感」が重要である。
  • 看板は、「まちの景観」をつくる。
  • 看板は、「まちの文化」をつくる。
  • 楽しくおもしろいまちに人は集まってくる。

「もっと目を引く、面白い看板はないの?」と思ったら、

ぜひビッグアートに声をかけてください。

 

壁のイメージデザイナー ビッグアート TEL 048-763-7220 受付時間 9:00 - 18:00 [土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.