壁をデザインする。壁をアートする。空間のイメージ価値を変える。
コラム

壁画について

狭い空間を「トリック壁画」で広く見せる。

通路やエレベーターホール、階段室、トイレなど、狭い空間を広く見せたい場所は、身の回りにはたくさんあります。「トリック壁画」を応用して、壁に奥行きを出したり、窓や開口のある壁にして開放感を出したりと、目の錯覚を利用した事例をご紹介します。

大型商業施設で人の流れを変える「トリック壁画」

動線計画が上手くいっていない大型商業施設での成功事例です。動線を改善の3大ルールである「ゴールデンゾーン」「マグネット」「連続性」を壁画に応用して、人の流れを変えることができました。壁画は、平面なので場所をとることもありません。

「壁画」には、無限の可能性がある。

ビジュアルの分野では、デジタル化の波がとどまることを知りません。反面、「キレイもの」は氾濫していますが、「美しいもの」や「琴線に触れるもの」「味わいのあるもの」が、身の回りから消えつつあります。そんな中で、「温もり」や「繊細さ」などアナログならではの強みにフォーカスして、壁画の可能性を追求しています。

ウォールアートとは

「ウォールアート」とは、壁画だけを指すのではなく、壁を装飾するアート技法のすべてを指します。壁画、デザイン塗装、オブジェ、看板など建物の表情やイメージを構成するアートで、「空間演出デザイン」の中核をなすものです。

PAGETOP
Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.