壁をデザインする。壁をアートする。空間のイメージ価値を変える。
ビフォーアフター

店舗・工場

飲食店、物販店、大型商業施設、サービス店、美容室、工場

町工場が浮世絵の壁画で元気を発信! 大鉄精工

町工場というと、建物のイメージや立地環境から「暗い」「冷たい」「殺風景」というイメージが強く、一般の人の足も遠のきがちになります。またそこで毎日働く従業員さんのメンタルにも影響します。そこで、職人をテーマにした浮世絵をシンボリックにシャッターに描きました。意外性も手伝って、地域のランドマーク的な存在になりつつあります。

大鉄精工 施工前

屋根の上で遊ぶ少女が目印の洋菓子店 オランダ家

オランダ家という名前を印象づけるために「オランダの出島」をイメージした壁画を壁面いっぱいに描きました。洋菓子のメルヘン的なイメージを演出し、リアルに印象づけるために「屋根の上で遊ぶオランダの少女と猫」のオブジェを屋根の上に置きました。非日常的な意外性で認知度が上がり、交通の目印にもなっています。

オランダ家

巨大なシェフのレリーフが目印! PAPALINA

印象の薄い外観イメージでした。白い壁も「冷たい」イメージでした。そこで、外壁をオーカー系の温かい色に塗り替え、地域一番の名所を狙って、6m以上もある巨大が「シェフ」のレリーフオブジェを、建物からはみ出るように設置。「目立つ」「印象に残る」「わかりやすい」「親しみやすい」にフォーカスしました。

パパリーナ

傾いた(?)凱旋門が威風を放つ Moon Dance

倉庫を改装した店舗ですが、なかなか倉庫の殺伐としたイメージが隠せなくて苦戦していました。看板だけでなく、建物全体のイメージを大改造する必要がありました。そこで、建物全体をオブジェ看板にすることにしました。それでも、倉庫のシャッターがネックでした。そこで、「傾いた凱旋門」のレリーフでイメージを一新しました。

Moon Dance(ムーンダンス)

牧場をイメージした手づくりのレリーフ看板がよく似合う 明治牛乳庄和宅配センター

全国ブランドは知名度はありますが、個店の個性は消えてしまいます。オーナー様からは、メーカーのロゴを使わないで、ほのぼのとした温かみと親しみ感のある看板をつけたいという要望でした。そこで、のどかな牧場をイメージした手づくりのレリーフ看板をつくりました。建物のデザインとも調和してすっかり地域に溶け込み、メーカーさんからも高い評価をいただきました。

明治牛乳庄和宅配センター
1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.