遊民

Before


After

遊民

美人画の壁画が、お店の表情と街の雰囲気を醸し出す。

屋号を表示しただけでは、看板の役割をしません。
黒塗りのお店の外観は、無表情でとっつきにくい印象でした。
そこで、桜の花を愛でながら杯をかたむける美人画を入口脇のシャッターに描きました。
すぐ近くに桜の名所もあるので、場所柄的にもピッタリです。
黒い壁面に白基調のあでやかな美人画の壁画が、夜の街並みにとても映えます。