Before


After

雨後晴

冷たくて寂しいコンクリートの壁に、まるで映画のように雲龍が出現!

テラス空間は、本来開放的で人気のスペースですが、どちらかというとデッドスペースでした。
ただの白いコンクリート壁は、店内の客席から見ても、気分がスポイルされてしまいます。
食事の満足度は、味だけではなく、その場の空間や空気感に大きく影響されます。
花器や書画で演出された店内のイメージに合わせて、巨大な雲龍を描きました。
外人客が多いこの店で、サプライズのおもてなしです。
無機的な白いコンクリートの壁が、まるで映画のスクリーンのような幻想的な異空間に変身しました。