壁をデザインする。壁をアートする。ウォールアートスタジオ
ビフォーアフター

金属オブジェの品格が存在感を生む ライズウェル浜松町ビル

視覚的に個性が乏しく存在感のないビルでした。外観イメージを一新するために、白い外壁材を貼ってもらいました。鉄と銅と真鍮を使ったメタルアートで品格と存在感をアピールしました。メタルアートとコーディネートしたシャッターアートを描くことで、広がり感と一体感を強調し、印象力をアップしました。

ライズウェル浜松町ビル

町工場が浮世絵の壁画で元気を発信! 大鉄精工

町工場というと、建物のイメージや立地環境から「暗い」「冷たい」「殺風景」というイメージが強く、一般の人の足も遠のきがちになります。またそこで毎日働く従業員さんのメンタルにも影響します。そこで、職人をテーマにした浮世絵をシンボリックにシャッターに描きました。意外性も手伝って、地域のランドマーク的な存在になりつつあります。

大鉄精工 施工前

ストーリー性のある壁画のようなレリーフ看板で印象づけ 桃園保育園

モダンでオシャレな建物でしたが、無表情で保育園のイメージに欠けていました。保育園らしさの演出に加え、当園らしさと園名ののアピール・印象づけを狙いました。単なる看板ではなくストーリー性のある壁画のような立体的なレリーフで、ワクワク感のある元気で楽しい外観イメージに変身しました。

桃園保育園

タイルの多色塗装でイメージを一新! 滝本ビル

1階がテナントで2・3階が賃貸住宅のビルです。老朽化のための改修工事とモダンなデザインに一新したいというオーナー様の意向でした。造作工事をともなわないで大幅にデザインを一新するために、デザイン性の高いデザイン塗装を提案しました。建物の形状的な特徴をアピールするために、白一色だったタイルの壁面を1枚1枚多色で塗り分けました。他の壁面も、タイルのデザインとコーディネートして、色分けやパターンを描きました。

滝本ビル

歴史壁画で宿場町にタイムトリップ 古利根公園橋公衆トイレ

公園橋のたもとにある蔵づくり風の公衆トイレです。ここは昔の宿場町で、近くに船着場があり、江戸との舟運で栄えた場所です。歴史を感じながら街歩きを楽しんでもらいたいと、当時の様子を壁画で再現しました。

公園橋公衆トイレ
« 1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 有限会社ビッグアート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.