イーストセブン

Before

 

 

 

 

 

 

After

イーストセブン

「たとえ古くても、オシャレで楽しいビルがテナントを選ぶ」という新発想

風俗業のひしめく千葉駅の近くの古い繁華街・栄町に位置する古いビルです。

古いビルは、ただ改修しただけではテナント募集は困難です。

ビルのオーナーからの要望事項は、

  • 一際目を引き、注目率を上げること。
  • ビルは古くても、新しい価値を感じられること。

でした。

周囲が風俗店ばかりで、老朽化した建物が多いため、

当ビルも改装しただけではイメージがいまひとつ。

 

そこで、単なる単発的な壁画ではなく、

  • 意外性があって、異空間へ誘う壁画。
  • 連続感があって、独特の世界観を感じられる壁画。

を目指したデザインにしました。

テーマは、地中海のリゾーです。

 

また、今回は全く新しい切り口を提案しました。

壁画によってビルに尖った新しいイメージをつくり出すことで、

その特化したイメージを求めるテナントが集まってくるというコンセプトです。

つまり、テナントがビルを選ぶのではなく、

ビルがテナントを選ぶという発想の転換です。

壁画のイメージに共感するという共通のテナントが集まると、

同じような価値観のテナント集積ができます。

そして、同じような価値観のテナントの集積は、

強力な集客力を得て、大商圏からの集客が可能になります。

このビルが引き金となって、新しい魅力の集積地になればと期待します。

今後も、この地域に関わり続けていきたいと思います。

(感動空間プロデューサー 奥村 昇)